朝晩秋の気配がしてきたよ→マダイはマダ?【仙台湾】

  • URLをコピーしました!

ちょこちょこ釣りはしてますが、まったくドラマなく、ブログもまったく更新できてませんでした。

忙しくしてたのが理由ですが、釣りしないと病んで死んでしまいます。

そろそろ良いのではないかと思いまして、マダイリベンジ

今回は閖上から出船する釣り船屋さん。

台風が列島縦断する予報ですが、東北はまだまだ影響はなさそうです。

少し風がありますが、波はあまりなし。

ポイント到着して釣り開始の合図。

ジクはもちろんTGベイト。

とりあえず状況確認するために最初は60g投下。

ダイワ TGベイト SLJ 60g (ジギング メタルジグ)

水深は40mほどですが、風がある状態でのドテラ流しなので、早めにジグを着底させないとラインの角度が相当斜めに入ってしまいます。

一回り重いジグで様子を見てみましょう。

それでも思ったよりも船が流される…。

回収して2投目。

巻き上げ時のアタリにフッキング

…ハナダイでした。

ハナダイでも小さめな方だったのでリリース。

3投目…を回収する際ほぼ水面近くでオートフッキング。

サバかと思ってあげてみると小さなカツオくん。

なんだかなかなか良い食い気

今日はなかなかいいんじゃないの

気を良くしまして再びジグ投下。

でも隣の人がめちゃめちゃ近くでなにやら45gのジグを使ってる様子。

ラインが相当斜めに入ってる…。

ぜんぜん着底してないじゃん…。

目の前にその隣の人のラインが流れてきてるし…。

やだなぁ…。

って思ってたらお祭り。

フックに絡んでしまって外すのに手間取りました。

そこからまったくアタリがない。

ハナダイ…

と、そのお隣の方が青物をかけたようです。

自分の目の前を横切ってるラインの先に青物。

でもなんだかヤキモキするやり取りしてます。

巻けるタイミングに巻かん。

やばそう…と思ったらこちらの竿にも振動が。

なんか変な振動。

水面見たら船の真下に向かってイナダ突進中

数人のラインを巻き込んでいきました…。

上がってきたイナダには3本のジグがくっついてきたものの自分のジグがまだ上がってない。

その3本すべてラインをカットしてようやく上がってきたジグは、さらに船の反対側の方のラインとゴシャゴシャで再起不能状態。

ジグは戻ってきたものの数十mラインをカットする羽目に。

おにゅーのラインだったのに…泣

青物かけたらぜひ早めにあげてほしい。

マダイセッティングなら多少無理に巻いてもドラグでるでしょうよ

リーダーとメインラインの結束はPRノット派です。

強度が強い上に、強度のバラつきが一番少ないと思ってます。

船上でクルクルと。

あまり船酔いしないんですが、ライン結束してると少し気持ち悪くなります…。

なんとかすぐに復帰したものの、たまにポツポツとカナガシラ…。

たまにプルプルとアタリはあるが乗らず…。

そんでサバ…。

マダイは船中1匹も上がりませんでした。

どこ行ったマダイ

唯一良かったのはたまたま釣れたデカアジ

なめろうがとてつもなく美味しいのです。

ということで本日のお持ち帰りはちっこいカツオホウボウカナガシラアジ

ハナダイリリースするんじゃなかった…。

まだイナダ祭りも始まってないんですね。

海の中はまだまだ秋にはなってないようです。

トビウオ飛んでましたしね。

この台風過ぎたら一気に秋めいてくるんでしょうか…。

各釣り船屋さんの釣果情報、まとめてみたら仙台湾の状況も分かりやすくなるでしょうか。

とりあえず…マダイ掛けたい

SWELL

当サイトではWordPressのテーマとして を利用しています。

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次